Return to site

偶然のつくりだす美しさ

とてもとても古い、フィルムカメラを持っています。
元々は祖父にもらいました。
でもそのカメラは少し壊れていて、時によって撮れたり、撮れなかったり。
でもそれも面白かった。
ズームもピント合わせも、そもそも写っているかどうかさえも全部カメラまかせなその古いカメラ。
そのカメラとの出会いで、私は偶然のつくりだす面白さを知りました。
今はそのカメラと同じ型の、壊れていないものを使っています。
この春にポルトガルへ行った際、蚤の市で見つけたものです。
偶然通りかかった道で、偶然やってた蚤の市。
アンティークカメラのお店を偶然見つけて、そこに偶然展示してあった同じ型のカメラ。
でもそのカメラは私のと同じく壊れていて、、。
一か八か、お店のおじさんに壊れていないものがないか聞いてみた。
すると、
お店の奥の奥から、レンズが一つ足りないけど、完璧に動く同じ型のカメラを出してきてくれた。
そのカメラが、私のいまの愛機。
足りなかったレンズは、祖父のカメラから移して使用しています。
ベトナムも、そのカメラを持って行ってきました。
昨日やっと現像して、うきうきでスキャンして、
あの日のベトナムの熱気が、目の前に広がった。
たのしくてうれしくて、ちょっと書きすぎましたね。
(写真も貼りすぎ!)
ではでは、このへんで。
by foo
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly